お知らせ
満足する男性

ED(勃起不全)の治療をするためにはバイアグラが有名ですが、その他にもレビトラという治療薬もあります。
EDの患者がレビトラを服用すれば、有効成分であるバルデナフィルの働きにより、陰茎動脈と海綿体平滑筋の弛緩の働きに関与するcGMP(環状グアノシン一リン酸)を分解する還元酵素であるPDE5(ホスホジエステラーゼ5型)の働きが阻害され、血管の拡張によって海綿体への血液流入が容易になり、勃起が起きるようになります。
しかし、レビトラを服用すればEDを完治させられるかというと、そのようにはいかないケースもあります。
レビトラはあくまで有効成分の作用によってEDを一時的に改善するものであり、薬効が切れると勃起が起きない、あるいは勃起を長時間持続させられない状態に徐々に戻っていってしまいます。
もし、EDの完治を目指すのであれば、医師と一緒にEDになった原因をきちんと調べて、その原因にあった治療方法をとる必要があります。
例えば、勃起がうまく起きない身体的要因の一つとして考えられるのは、血行の悪さです。
血液の循環が悪いと、陰茎に流れてくる血液の量も減るため、陰茎が膨張した状態を維持するのが難しくなります。
これは加齢によって起こっているものであれば受け止めやすいですが、若いうちから起こっているのであれば治療が必要となるでしょう。
血流を改善したい場合は、血液をサラサラにできる食べ物を積極的に食べたり、適度に運動をする時間を確保したりするのが有効です。
また、EDは精神的な要因でも起こります。
ストレスや過労、性的トラウマを抱えるような経験などが原因で精神が不安定な状態になると性的興奮が抑制されてしまいがちになり、症状が深刻だと性的刺激を受けてもまったく勃起しなくなることもあります。
この場合は、長い時間をかけて少しずつ原因を取り除き、精神の状態を回復させるのが、最良のED治療法といえます。