• ホーム
  • レビトラの主成分はレビトラにしか含まれていない?

レビトラの主成分はレビトラにしか含まれていない?

多様な薬

レビトラはED治療薬の一つであり、その主成分はバルデナフィルとなります。
他のED治療薬は通常は異なる成分を用いていてレビトラは特許で保護されていて真似する事が出来ないようになっています。
ただ、レビトラの主成分であるバルデナフィルを用いている医薬品は他にもあり、レビトラでしか用いられていないという訳では無いです。
特許で保護されているにも拘らずに同じ成分を用いた医薬品が存在するというのは、違法な薬品の可能性もありますがここで述べた存在するという意味はそういう訳では無いです。
特許には物質特許と製法特許と呼ばれる二種類があり、インドの場合は製法特許については認められている物の物質特許については認められないという国の事情によって同じ成分を用いても違う製法を用いて作った医薬品であれば別のものであるとして販売する事が出来るようになっているのです。
そのために正法さえ異なれば同じ成分を用いた医薬品を製造して販売する事が認められているのであり、そうした医薬品の事をインドジェネリックと呼ぶのです。
インドジェネリックの中にはレビトラと同じバルデナフィルを用いた医薬品も当然存在し、レビトラよりも安い値段で購入する事が出来るようになっています。
ただ、日本では正規の流通品としてインドジェネリックは取り扱っていないので病院で処方してもらう事は基本的に出来ないです。
レビトラのジェネリックを入手するためには通販サイトを利用した個人輸入の形になります。
ただ、そうして手に入れられるインドジェネリックは果たして本物であるのかという問題があり、ED治療薬は人気が高い事から偽物も数多く存在していて、インドジェネリックにもそうした偽物が混ざっている事があるのです。
その事を考えると多少値段が高くてもきちんと病院でレビトラを処方して貰う方が安心出来ます。