• ホーム
  • 性行為のトラウマはレビトラを1錠の半分飲めば解決

性行為のトラウマはレビトラを1錠の半分飲めば解決

EDになる原因として、性行為に対するトラウマを感じていることが引き金になっている場合があります。
性行為がうまくできなかったことや、相手を満足させられなかったことがトラウマになっているときには、ED治療薬の力を借りることで勃起時間を長くする対策が有効です。
ED治療薬は医学的に、血管を拡張させる作用によってペニスへの血液の流入を増やすことが可能になるために、勃起力を改善できます。
すぐに萎えてしまうことで相手を満足させられないことがトラウマになっている場合には、バイアグラやレビトラ、シアリスなどの医薬品の効力によって勃起力に自信がつくと精神的に安定する可能性があります。
飲んでからできるだけ早く薬の効果が欲しいときには、3種類のED治療薬の中でレビトラがおすすめとなります。
レビトラは薬の効果が出るまでに時間がかからない医薬品で、飲んでから20分ほどの時間があれば勃起を促進させる効果が得られます。
レビトラはバイアグラよりも食事の影響を感じにくい特徴もある点が、大きなメリットとなります。
レビトラには10mgと20mgの2つの種類がありますが、薬の効果が大きいと感じるときには半分にして飲むこともできます。
1日あたりに飲める量は1錠までと決められていますので、用法と用量を守って服用することが大切です。
レビトラの処方は医療機関で受けることが可能ですが、保険が適用されないために費用を確認しておくことがおすすめです。
病院で処方を受ける費用が高いと感じるのであれば、海外医薬品の通販を利用して購入することができます。
一般的な通販のときと同じように、インターネット上で注文するだけで自宅まで届けてくれますので、手間がかからない点がメリットです。
24時間いつでも注文の手続きができますので、パソコンやスマートフォンがあれば時間帯に関係なくレビトラの入手が可能です。